歪んだ三角の和を求めて 無料ネタバレ


チンジャオ娘さんとだるまさん転んださんの最新作「歪んだ三角の和を求めて」が発売されましたね!かなり面白い漫画です。

 

歪んだ三角の和を求めてはブッコミで無料試し読みできるのでぜひ読んでみてください!

 

 

 

サイト内で「歪んだ三角の和を求めて」で検索するとすぐに読めます。

 

 

 

歪んだ三角の和を求めて 概要

 

漫画名 歪んだ三角の和を求めて
作者 チンジャオ娘 だるまさん転んだ
配信 ブックライブコミック
ジャンル 女装、親友、三角関係、中出し

 

 

歪んだ三角の和を求めてのあらすじ

 

『好きな子がセックスしていた…女装した親友と』男子学生のダイチ、ユウキ、そして紺野晶は仲の良い同級生の男女3人組。放課後は毎日のようにダイチの部屋をたまり場にして同じ時間を過ごしている。晶に対して密かな恋心を抱いていたダイチだったが、3人の関係を変えたくない彼はその思いを伝えられずにいた。そんなある日、学園祭のイベントでユウキがなんと「女装」をさせられることに。まずは練習として、放課後ダイチの部屋で試してみることになったのだが…「なにこの美少女!?」もともと美形で、身長も低く色白の彼は想像を絶するほど女装が似合っていた。その姿にテンションの上がった晶は「ちょっとスカートまくってみてよ。代わりに私の胸も見せてあげるから」などと言い出して――思春期の悪ふざけから始まった歪んだ三角関係。片思いしていた女子と、美少女のような親友が交わる光景にダイチは異常な興奮を覚えてしまい…!?

 

 

歪んだ三角の和を求めて おすすめシーン1

 

 

「きゃああああっ!」

 

 

いつもなら丁寧に濡らした後、ゆっくり入れてくれるのに。

 

晶は前戯もなしに入れられる。

 

 

でも痛みはなかった。

 

 

女装したダイチの股間は熱く、狂おしいほど反り立っている。

 

 

 

「う、ああ、はああ…」

 

 

身動きも視界も奪われているせいで、アソコに全神経が集中している。

 

 

熱く太い肉棒を根元まで飲み込んで、あっという間に愛液が溢れていく。

 

 

 

 

ブチュ、グチュ、グチュグチュグチュ…。

 

 

「あっ、あんっ、あああんっ、あああっ!」

 

 

 

 

晶は涎を垂らしてよがり狂った。

 

 

 

 

なんて…気持ちいいの。

 

 

「あっ、イクっ、あっ、あっ、ああああああああっ!」

 

 

びくびくと痙攣してイッても、ダイチは腰の動きを止めなかった。

 

 

「あっ、だめ、イッてるの、お願い、私、あっ、あっ、ああああっ!」

 

 

 

それを見ているユウキは興奮を覚えてしまう。

 

 

好きな晶が女装したダイチと」エッチをして痙攣しているからだ。

 

 

女装してかわいくなっているダイチに変な感情を持ってしまうユウキだった。

 

 

 

サイト内で「歪んだ三角の和を求めて」で検索するとすぐに読めます。

 

 

 

 

歪んだ三角の和を求めて おすすめシーン2

 

「きゃああっ!」

 

 

 

 

ダイチはそう言って、晶をまたガラスに押しつけた。

 

 

 

ダイチの反り立ったペニスが晶のマンコに当て込んだ。

 

 

 

 

「待って、ああああっ!」

 

 

ズチュ!

 

 

大きな何かが晶の中に入ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

「うう、ダイチ…」

 

 

 

 

「いやあ…」

 

 

 

 

 

グチュグチュグチュ!

 

 

「あっ!あああああんっ!ああああっ」

 

 

 

反り立った野獣が晶の中で暴れる。

 

先端からはトロっとした我慢汁が晶の中で放出された。

 

 

 

根元まで入れたと思ったらぎりぎりまで一気に抜いたり、そういうことを繰り返していた。

 

 

「ああ、はあっ、あああああっ!」

 

 

 

 

ダイチに腰が激しくピストンする。

 

 

 

 

 

「あああああああああああああっ!」

 

 

 

「ひっ、あっ、あああっ、あああああ!」

 

 

気持ちいい。

 

 

頭がおかしくなりそう。

 

 

脚がガクガクして、力が入らない。

 

 

晶は痙攣しながらあの世に逝った。

 

 

 

サイト内で「歪んだ三角の和を求めて」で検索するとすぐに読めます。

 

 

 

 

歪んだ三角の和を求めて おすすめシーン3

 

 

ゆうきは晶のクリトリスを舐める。

 

 

 

「やだっ、そこ、汚い…ひゃあっ!」

 

 

ゆうきはクリトリスを執拗に責めた。

 

 

「んっ!ああっ…だめ、だめぇ…!!」

 

 

 

 

 

「晶、俺、我慢できないわ。挿れるよ」

 

 

そう言うと、硬く大きくなったペニスを私の恥部に擦りつけてから、一気に挿入した。

 

 

初めての挿入に戸惑う晶だがゆうきは勢いを止めない。

 

 

「ああっ!待って、大きっ…!!」

 

 

 

「ああああっ!!!やだ、奥…!」

 

 

 

 

「はぁっ、あっ!あんっ!だめぇ…!!奥、奥あたっちゃうからぁ!」

 

 

 

 

「あっ、ああっ!もう、イっちゃう…!!」

 

 

 

 

そしてゆうきはあきらの中に精を放った。

 

 

 

 

 

 

サイト内で「歪んだ三角の和を求めて」で検索するとすぐに読めます。